プロフィール

 「かつらぎ会合唱団」は大阪府立住吉高等学校(以下、住吉高校)音楽部同窓生を主体に1997年に結成した混声合唱団です。これまで定期演奏会を12回開催してきました。この間、住吉高校の卒業生以外にも多くの団員を迎えつつ、いろいろな分野の合唱音楽に取り組みながら活動を続けています。
 レパートリーは、西洋の古典曲や現代邦人の組曲を中心に、ミュージカル、親しみやすい曲など幅広いジャンルの合唱曲をとりあげています。団内の明るい雰囲気の中で歌うことの喜びや楽しさを感じながら練習に励み、さらにレベルアップを目指して頑張っています。
 団のルーツをたどりますと・・・・住吉高校では1950年に音楽部(=合唱団)が設立され創部以来毎年定期演奏会を開催していました。卒業生たちは支援のために「かつらぎ会合唱団」の名のもとで定期演奏会に賛助出演して歌い続けていましたが、1970年代以降は実質的な活動は途絶えてしまいました。そして1997年に約30年ぶりに、歴史を踏まえながらも新たな合唱団としての「かつらぎ会合唱団」を結成しました。因みに「かつらぎ会」の名称は 「かつらぎの山 ほのぼのと・・・・」で始まる住吉高校生徒歌に由来します。

指揮者の紹介

阿部 良行(あべ よしゆき)

住吉高校でコーラスに出会い、早稲田大学でグリークラブ学生指揮者。
洋画配給の東宝東和㈱に入社後、豊中混声合唱団で副指揮、大阪稲門グリークラブで指揮を経験。退職後は朗読指導者としても活動を広め、大阪府高齢者大学校朗読科をはじめ幾つかの教室で朗読指導にあたるとともに、合唱はかつらぎ会合唱団以外に、男声合唱団ネクスト、合唱団みらい、大阪市立堀江小、諏訪小各女声コーラスを指揮、大阪稲門グリークラブ、AVECハーモニーで副指揮を務めている。


韓 庚姫(かん こうき)
指揮者 韓 庚姫さんの写真 
声楽を家島正子・故齋木幸子の各氏に師事。
大阪音楽大学音楽学部声楽科卒業。関西二期会研究科を修了。
約10年近くのブランクの後、中学時代の恩師に薦められ地元のPTAコーラスを母体に作られた女声合唱「生野女声合唱団」のピアノ伴奏を始めた後、当初母校の音楽部OBで結成された混声合唱「かつらぎ会合唱団」に誘われ歌ううちにソリストとしてもステージに立つようになり、2010年には初のソロリサイタルを開催。その後ソロだけでなくジョイントやアンサンブルなどでもステージ活動の場を広げ、現在では両コーラスでヴォイストレーナーや指揮者を務めることに。大阪市内の生涯学習コーラス南住吉小学校「コール・レーベン」・阿倍野小学校「コール・ミニヨン」・巽南小学校の指導も担い、ストレッチを取り入れたボイストレーニングでアンチエイジングと笑いの絶えないコーラスが目標!!
住高同窓会音楽家連盟会員。アンサンブル≪リブレ≫メンバー。

ピアニストの紹介


岡田 典子(おかだ のりこ)
おかだ のりこ さんの写真
大阪芸術大学芸術学部演奏学科ピアノ専攻卒業。ピアノを遠藤秀一郎、横井和子、笠原威子に師事。
卒業演奏会等に出演。現在は後進の指導及び合唱団、声楽、楽器等の伴奏者として活動している他、演奏会の企画も手がけている。又、幼児及び保育士等の音楽指導等も行っている。
かつらぎ会合唱団、女声合唱団コスモスのピアニスト。
住高同窓会音楽家連盟会員、聖浄保育園嘱託職員。


>> ページのトップに戻る